このページは当社の医療機器・体外診断用医薬品等の製品に関する情報を、 医療関係者の方にご提供することを目的とした専門的なものです。
一般の方への情報提供を目的としたものではありませんので、ご了承ください。

あなたは医療関係者ですか?

BOND-III / BOND-MAX

検査室のIHC / ISHに違いを生み出す全自動免疫染色装置

全自動 IHC&ISH 装置

BOND-III 最新カタログのダウンロード

当社の利用規約およびプライバシーに関する方針を事前にご確認ください。

BOND-III 全自動 IHC&ISH 装置 /フロア型

医療機器届出番号:13B2X10268B30001

正確性とタイムラインに違いをもたらします

正確な診断には、完全なケースが必要であると、ライカは理解しています。BOND-IIIはプロトコールの処理を同時に行い、一台当たり5ケース(30スライド)を2.5時間で処理することができます。複数のBOND-IIIが検査室にあれば、スピードはさらに向上します。

その結果、病理医がケース処理の完了に期待するTAT(Turn Around Time:受付から結果報告までの時間)を上回ることを可能にします。

最新カタログのダウンロード
  • 単位面積当たりでも処理能力の高いBOND-III

    検査室の限られたスペースと増え続ける染色枚数に対して、BOND-IIIは単なる省スペースのIHC/ISH 染色装置というだけでなく、装置が占めるフロア面積あたりの染色枚数においても、 より優れた製品です。

    ※いずれの機器も公開されている情報に基づき、1:63のスケールで描かれています。

  • 試薬ボトルのライトニングシステム

    BOND-IIIのユニークなライトニングシステムによって、試薬ボトルの補充や、廃液ボトルを空にする必要がある場合に、一目でそのアラートを確認できます。

  • ユーザーのために設計されたインターフェイス

    BOND-IIIのインターフェイスは使いやすく、素早くタスクを実行でき、エラーを回避します。ライカ共通のインターフェイスで動作するため、繰り返しトレーニングを行う必要もありません。

BOND-MAX 全自動 IHC&ISH 装置 / 卓上型

医療機器届出番号:13B2X10268BM0001

必要なスペースはわずか0.59 ㎡

作業台に取り付け可能なBOND-MAXは、BOND-IIIと同等の30スライドの処理で、しっかりと性能を維持しつつ、コンパクトかつお求めやすい卓上モデルとなっています。

BOND-MAXはBOND-IIIと同様の構造的特性を活かし、以下ような一般的シナリオにおいても、大型システムを上回るパフォーマンスを発揮することができます。

さらに詳しく
  • 組織全体を保護する独自のカバータイル

    独自に開発されたBOND専用のカバータイルは、試薬を有効かつ確実に適用し、 染色プロセス全体を通して組織を保護します。

  • 生産性を高める検証済みRTU

    病理学に基づく14項目で検証されたReady-To-Use (RTU) 抗体は、プラグ&プレイのワークフローによって高品質な染色を迅速に、確信ある診断へとつなげます。

  • 安心の液体レベルセンサー
     

    BONDの液体レベルセンサーは、各スライドの試薬量を事前に測定し、すべてのスライドに確実に試薬を分注します。

最新資料をダウンロードいただくために、以下をご入力ください。

お問い合わせ先
ライカ マイクロシステムズ株式会社
ライカ バイオシステムズ事業本部
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場 1-29-9

BOND-III 最新カタログのダウンロード

当社の利用規約およびプライバシーに関する方針を事前にご確認ください。