BOND RX / BOND RXm

多様化する染色ニーズに応えるリサーチ用全自動免疫染色装置
Fully Automated Research Stainer

BOND RX / RXm 最新カタログのダウンロード

当社の利用規約およびプライバシーに関する方針を事前にご確認ください。

THE FREEDOM TO DISCOVER

無限に広がる応用範囲

ライカ バイオシステムズの研究用全自動染色装置 BOND RX / BOND RXmは、柔軟性・スピード・再現性に優れ、通常のIHCやISHのみならず、これまで用手法で実施されてきた新しい検出試薬が使用できる真のオープンシステムです。自動化により日々の実験のタッチポイントを劇的に削減し、お客さまの研究を加速させます。

フロア型 BOND RX

多様化する染色ニーズに応える全自動染色装置

ライカの「BOND RX」は、スピードとメンテナンス性に優れた研究用BONDのフラグシップモデルです。

組織(FFPE切片、凍結切片等)および細胞を載せたガラススライドを使用するアプリケーションであれば、ほぼ全ての工程を全自動化できます。脱パラフィンを含む煩雑な染色工程から解放されるだけでなく、再現性に優れた高品質なデータを、短時間で得ることができます。

お好きな試薬とBOND試薬を組み合わせ、ステップの順番や洗浄回数、試薬滴下量や温度設定などのプロトコールを自由に設定することで、お客様独自の実験系をデザインできます。

研究プロジェクトの中心機器として、素早く安定した染色データをお届けします。

最新カタログをダウンロード

卓上型BOND RXm

コンパクトに機能を集約した全自動染色装置

ライカの「BOND RXm」は、性能を維持したコンパクトなエントリーモデルで、 BOND RXよりお求めやすい価格帯です。

バルクボトルの容量と高速化ロボットの台数が異なるだけで、BOND RXと基本的な仕様は同じです。組織(FFPE切片、凍結切片等)および細胞を載せたガラススライドを使用するアプリケーションであれば、ほぼ全ての工程を全自動化できます。

「染色枚数は多くないが、忙しい毎日の実験時間を減らしたい。」「複雑で間違いやすい染色手順によるストレスを無くしたい。」「バラつきのある染色品質を安定させたい。」そんな研究者のニーズに応える頼れるパートナーです。

今すぐお問い合わせ

染色ワークフローを加速させる製品仕様

  • スピード

    BOND RX / BOND RXmは各バッチ最大10枚単位の独立した3バッチ同時処理(合計30枚)が可能です。標準のプロトコールでは、30枚のIHC染色をわずか2.5時間(BOND RXmは3.5時間)という短時間で処理できます。

  • 安定した結果

    研究者にとって組織検体の完全性と形態の保持は極めて重要です。BOND独自のカバータイルシステムの採用により組織サンプルを完全に保護し、再現性のある染色を実現しています。

  • 効率性

    抗体、プローブ、検出システムには染色中でも、いつでもアクセスできます。また、BOND独自の照明システムにより、 バルク試薬の残量や廃液ボトルの状況を一目で把握できます。

完全統合型RNA ISHソリューション

  • ACD RNAscopeを用いた全自動のハイスループット染色システムにより、一度に30枚のスライドを単染色ならば11時間、二重染色ならば14時間という短時間で処理できます。

“WALK-AWAY”の多重染色を実現

  • AkoyaのOpalキットを用いて、美しい7色の免疫蛍光染色のスライド標本30枚を14時間で作成することができます。運転中に何か操作する必要はありません。

全自動のシングルステップ多重染色

  • UltivueのUltiMapperシングルステップ多重染色アッセイをBOND RXに搭載することで、5色の多重染色スライド標本30枚を6時間足らずで作成することができます。
  • 難しいマニュアルテクニックにかかる時間を短縮し、次の研究ブレークスルーに集中する時間を確保します。

さらに詳しく

多彩なテストオプション

柔軟性の高いBOND RXのシステムは、IF、IHC、ISH、TUNEL、TSAなど、様々な染色の自動化を実現。多様化する研究ニーズにお応えします。

IF

Immunofluorescence

IHC

Immunohistochemistry

CTC

Circulating Tumor Cells

TUNEL

Terminal deoxynucleotidyl
transferase dUTP Nick End Labeling assay

ISH

In Situ Hybridization

FISH

Fluorescence
In Situ Hybridization

CISH

Chromogenic
In Situ Hybridization

LNA

Locked Nucleic Acid

TSA

Tyramide Signal Amplification

miRNA

microRNA

bDNA

branched DNA assay

Multiplex

最新資料をダウンロードいただくために、以下をご入力ください。

お問い合わせ先
ライカ マイクロシステムズ株式会社
ライカ バイオシステムズ事業本部
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場 1-29-9

BOND RX / RXm 最新カタログのダウンロード

当社の利用規約およびプライバシーに関する方針を事前にご確認ください。